学校における備品

学校における備品では

学校の備品を専門に扱うカタログ

教材備品は学校には欠かせない器具です。それらは一般の商店で扱われているものが少なく、指定されている業者が用意する専門のカタログから注文するという例が多いものです。カタログには、学校で多く使われている備品がほぼ網羅されており、どのようなものが必要なのかは職員会議などで希望を取り、予算の範囲内で購入希望を教育委員会に提出するという方法となります。公立校の場合は予算も限られおり、全ての購入希望が通らないこともありますので、毎年先生方はたいへん頭を悩ませながら良い教材を揃えようと努力しています。公共のものとなりますので大切に扱いましょう。

備品購入費の補助金について

県や市によって学校に通う際に必要となる備品の購入費について補助金が給付される場合があります。主にテキストの購入費や用具代などを購入した際の一部または全額が補助されます。また、県や市によって異なるものの給食費や修学旅行費、視力検診の際に目が悪いと診断された際のメガネ購入費用等も補助される場合があります。補助を得ることが出来る収入の基準は各自治体によって異なります。そのため、詳しくは各自治体の役所にて問い合わせた方が良いと思われます。学校では思っていた以上に費用がかかってしまいますので、このことによって家計が圧迫されているようであれば考えてみてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP